• 新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」
  • 新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」
  • 新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」
  • 新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」
  • NEW
  • オススメ

新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」

販売価格: 23,100 (税込)

これまでになかったメタリックな漆塗り

「金擦り技法」の唯一の伝承者が生み出した逸品

商品コード: 102-S0029-004

商品情報

商品詳細

新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」

● サイズΦ8.0 * H12.0(cm)
● 重量:90g
● 種別:漆器
● 備考:電子レンジ:×、食器洗浄機:×、直火:×、IH:×、オーブン:×

● 送料:日本全国一律800円(税別)
● 納品:通常5営業日程度で発送

新潟漆器とは?

新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」

新潟漆器には、「花塗」「石目塗」「錦塗」「磯草塗」「竹塗」と言われる、さまざまな塗りの技法があり、多種多様な作風を楽しめます。

江戸時代、新潟は北前船の寄港地であったことから、江戸・大坂をはじめとして日本各地に販路が広がり、江戸時代末期には新潟は日本有数の漆器の生産地となりました。

そのような土地柄であることもあり、様々な人と技術の交流が生まれ、多彩な塗りへと進化していきました。

親方から受け継いだ「技術」と「職人としての心構え」

新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」

「新しいことに挑戦し、進化していく大切さ」を常々教えられました。

そのような親方の教えを胸に、今回開発したカップ、おちょこ、盃では、伝統的な漆塗りの漆器という形は留めつつも、その表情にこれまでの漆にはなかったメタリックな質感を表現しました。

メタリックな質感でありつつも、原料である木材の木目がはっきりと引き立つ。

新しい新潟漆器の技法へ挑戦しました。

小林佛檀店

新潟漆器のタンブラー「塗師Kiyo」

創業115年、4代目当主の挑戦
創業:1904年

1968年に新潟市西区内野町に生まれ、父であり親方でもある、先代の背中を見ながら18歳で塗箔師としての道を歩み始めました。

現在は父の跡を継ぎ、小林佛檀店の四代目当主として、仏壇の制作・修復をメインとしながら、漆技術を使った新しい商品開発にも力をいれています。先代が編み出した高い技術力を要する「金擦り技法」唯一の伝承者でもあります。

注意事項

※一点一点、手作業でお作りするため商品によって多少の色味や筆跡、微妙な形の違いが生じることがございます。

■キャンセル
ご注文後のキャンセルは致しかねますので、あらかじめご了承のほどお願いいたします。

■返品・交換
お届けした商品がご注文内容と異なる場合、および汚損・破損があった場合のみ、ご対応をさせていただきます。
未開封であっても、お客様のご都合による返品・交換は承っておりませんので、あらかじめご了承のほどお願いいたします。

<お問合せ>
社名  : 株式会社KAZAANA
担当  : THINGS係
E-Mail : info@thebecos.com

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。